STAY HUNGRY, STAY FOOLISH

JUGEMテーマ:日記・一般


スティーブジョブズ日本語で学ぶスピーチ




社長を守るもの

JUGEMテーマ:ビジネス
 
「汝の店を守れ、さすれば店は汝を守るだろう」
18世紀のアメリカの政治家、ベンジャミン・フランクリンの言葉だ。

当然、店は会社と置き換えてもよいだろうから、
「汝の会社を守れ、さすれば会社は汝を守るだろう」と言い換えることができる。

自分の身を守りたいと思っても、自分を守るのではなくて、
なにより会社と社員を守るべきだ。
間違っても先に保身をしてしまうと会社は自分を守ってくれなくなる。

ほかにもフランクリンは十三徳として下記をあげている。
参考までに。
  1. 節制 飽くほど食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。
  2. 沈黙 自他に益なきことを語るなかれ。駄弁を弄するなかれ。
  3. 規律 物はすべて所を定めて置くべし。仕事はすべて時を定めてなすべし。
  4. 決断 なすべきをなさんと決心すべし。決心したることは必ず実行すべし。
  5. 節約 自他に益なきことに金銭を費やすなかれ。すなわち、浪費するなかれ。
  6. 勤勉 時間を空費するなかれ。つねに何か益あることに従うべし。無用の行いはすべて断つべし。
  7. 誠実 詐りを用いて人を害するなかれ。心事は無邪気に公正に保つべし。口に出だすこともまた然るべし。
  8. 正義 他人の利益を傷つけ、あるいは与うべきを与えずして人に損害を及ぼすべからず。
  9. 中庸 極端を避くべし。たとえ不法を受け、憤りに値すと思うとも、激怒を慎むべし。
  10. 清潔 身体、衣服、住居に不潔を黙認すべからず。
  11. 平静 小事、日常茶飯事、または避けがたき出来事に平静を失うなかれ。
  12. 純潔 性交はもっぱら健康ないし子孫のためにのみ行い、これにふけりて頭脳を鈍らせ、身体を弱め、または自他の平安ないし信用を傷つけるがごときことあるべからず。
  13. 謙譲 イエスおよびソクラテスに見習うべし。


群れるから無力になる

JUGEMテーマ:ビジネス
 
1970年代に活躍したルポライターの竹中労氏が言った言葉。
「人は無力だから群れるのではない。群れるから無力になるのだ」

実際に社会的手抜き、という心理学の実験がある。

一人で大声を出してください、という指示のもと大声を出させるのと、
複数で大声を出してください、というのでは、複数人のときのほうが声が小さくなるのだ。

先日もアメフトの試合があったのだが、当チームは地区で圧倒的な登録人数を誇る。
たいして相手チームは少数でほとんどが兼務でポジションにつく。
最終的には勝ったのだが存外に苦戦した。

多勢になると気の緩みが出てくるのは人間の性だ。

会社でもなるべくギリギリまで社員を採用せず、
みんなが精いっぱい頑張って回る程度で調整をしている。
怠けないためではなく、その方が工夫をして能力が上がり、更に効率的に仕事ができるようになるからだ。

もちろんチームの力というのも大事だ。
しかし能のない「群れ」ではいけない。
統制のとれた「和」であるべきだ。

アインシュタインの「力がみなぎる方程式」

アインシュタインと言えば、言わずと知れた20世紀を代表する天才の一人だが、
その偉大な研究結果と同時に実績に裏打ちされた名言も数多く残している。

時代が違っても成功するための原理は不変だ。
転載元はコチラ
 
1.好奇心を大切に
元の言葉は「自分には特別な才能なんてない。単に情熱的なまでに物事を知りたいだけだ(I have no special talent. I am only passionately curious.」。好奇心をそのまま放置せず、探求する意思こそが成功への秘訣となる。

2.忍耐は極めて重要
元の言葉は「私は言われてるほど頭が良いわけじゃない。単に辛抱強く物事に対面しているだけなんだ(It's not that I'm so smart; it's just that I stay with problems longer.)」。自分が目指すものがどんなに遠い場所にあったとしても、そこに行きつくまで諦めずに歩み続ける自信はあるだろうか。歩み続ける一歩一 歩すべてに価値がある。

3.物事を集中して考える
元の言葉は「安全運転をしている最中に、美人の女の子にキスができるような男性は、その実キスに(そして女性自身にも)十分な注意を払っていない(Any man who can drive safely while kissing a pretty girl is simply not giving the kiss the attention it deserves.)」。「虻蜂取らず」という言葉そのまま。【時間を上手に管理するための10の秘伝】【1日の時間をもっと長くするための7つの”魔法”】でも解説しているように、マルチタスクは得てして注意が散漫してロクな結果にならない。

4.想像力は力の源となる
元の言葉は「想像力こそがすべての源。それは人生においてこれから遭遇する物事すべての予兆である。想像力は知識より重要なのだ(Imagination is everything. It is the preview of life's coming attractions. Imagination is more important than knowledge.)」。かのアインシュタイン氏ですら、「想像力は知識より重要」だと明言している。もちろん知識が不必要というわけでは無く、知識を 最大限に活用するためにこそ、想像力が必要ということ。料理の知識と経験(想像力)がいくら備わっていても、材料(知識)が無ければ美味しい料理を作れな いのと同じである。
5.間違いを恐れるな
元の言葉は「ミスを犯さなかった人は何も新しいことに挑戦しなかったに過ぎない(A person who never made a mistake never tried anything new.)」。すべての挑戦に成功することがあり得ないことからも分かるように、飛躍のための挑戦には失敗が付き物。【成功に向けて一歩前に進ませてくれる20の「考え方」】【失敗してもヘコまないための5つのポイント】にもあるが、失敗は成功の素である。少なくとも失敗したことで「それが過ち」だということを知ることができるのだから。

6.「今を生きている」事を自覚する
元の言葉は「私は未来のことは考えない。その未来はすぐそこまできているのだから(I never think of the future - it comes soon enough.)」。過去は振りかえることは出来てもさかのぼることはできないし、未来は黙っていてもすぐにやってくる。だからこそ今この瞬間を一番大切 にし、精いっぱいのことをしなければならない。

7.価値あるものを創造するよう心がける
元の言葉は「成功を目指すよりもむしろ、価値あるものを作り上げるよう努めてほしい(Strive not to be a success, but rather to be of value.")」。成功するしないにこだわり過ぎて、価値の創造を否定するのは愚策でしかない。創り上げたものが本当に価値あるものなら、成功は黙って いてもついてくる。

8.同じことを繰り返しているのに異なる結果に期待しない
元の言葉は「同じ事を繰り返し行い、違う結果を期待することは正気の沙汰ではない(Insanity: doing the same thing over and over again and expecting different results.)」。同じことを毎日続けて、しかも何か違った出来事を期待するのはムシの良い話。自分の日々を変えたいと思ったら、まずは自分自身の行 動を変えていこう。よくある話だが、例えば通勤・通学のバスや電車の時間を1本分早めてみるとか……。

9.知識は経験から得られるもの
元の言葉は「情報は知識ではない。知識とは唯一経験から得られるものである(Information is not knowledge. The only source of knowledge is experience.)」。むしろこの「知識」とは本当の意味での知識、「知恵」の意味に近い。情報として色々な物事を知っていても、それをつなぎ合わ せて新たな結論を導き出せないようでは、単なるデータベースに過ぎない。

10.ルールを学んだ上でそれを上手く利用しろ
元の言葉は「ルールを学べ、そして他の誰よりも上手くプレイしろ(You have to learn the rules of the game. And then you have to play better than anyone else.)」。決められた決まりごとに反発しても何もならない。まずはその「決まりごと」を熟知し、それを最大限活かすやり方を見つけることこそが、成 功への近道となる。

頭は常に全回転

JUGEMテーマ:ビジネス

前に少し書いたが、広告最大手の電通には電通鬼十則なる十ヶ条があって、
サービスマン、電通マンなるための在り方が記されている。

文字の運びや表現などが、さすが電通だけあって耳になじみやすい。

その9番目にこうある。
「頭は常に全回転、八方に気を配って一分の隙もあってはならぬ。サービスとはそのようなものだ」

常に、というのが大事だ。
仕事の時だけではない。食事している時や友人と話している時や、遊んでいる時も。
いつ休むんだ、と思うかもしれないが、頭が働くのをやめるときは死んだときだけだ。
眠っている時でさえ働いている。

あとは8番目の
「自信を持て、自信がないから君の仕事には迫力も粘りも、そして厚みすらがない。」
なんかも好きだ。

うちも行動理念など一度しっかり制定したい。

自戒

JUGEMテーマ:ビジネス

今朝方の講演で講師が石川洋の「自戒」という詩を紹介していた。
その講師は経営する会社が倒産の危機にある際に、
懇意とする経営者からこの詩を贈られ、はっと気付いたという。

この詩の背景はこちらが詳しい

辛いことが多いのは

感謝をしないからだ


苦しいことが多いのは

自分に甘えがあるからだ


悲しいことが多いのは

自分のことしかわからないからだ


心配することが多いのは

今をけんめいに生きていないからだ


行きづまりが多いのは

自分が裸になれないからだ



経営者10の鉄則

 JUGEMテーマ:ビジネス

いつも流れてくるメルマガで経営者向けの教材の広告が載っていたのだが、
その教材の紹介文で感銘を受けたものがあったので紹介したい。

「やりなさい!その責任は俺がとる」という本とCDの紹介だったのだが、
著者は後藤氏という方でダイハツ兵庫と滋賀で傾きかけた会社をV字回復させた敏腕社長だ。

経営者10の鉄則は以下。
【経営者10の鉄則】

一.売上至上主義ではダメ、経営の神髄は利益の追求だ
一.含み損の顕在化を恐れず、いますぐ吐き出せ
一.財務に強くなければ、生き残れない
一.公職や名誉職にうつつを抜かしていてはダメ
一.経営者自ら、交際費の支出をきっちり締める
一.あぶく銭を追わない
一.自分の失敗を直視し、冷静に対処する勇気を養え
一.業績を伸ばす経営者の朝は早い
一.社員に対して経営者は、常に所在を明らかにせよ
一.派手好みの経営者は会社をつぶす
いくつか思い当たる社長は多いのではないか。
正直私も思い当たる節が多い。
すごくいい言葉だ。

購入はどうしようかな。


才能の開く場所

 JUGEMテーマ:日記・一般

―人はそれぞれに才能を異にしている。そのも用うべきところを考えねばならぬ―
                                       (弘法大師)

何かの分野で大成する第一歩はまずその「何か」に踏み入れることからだ。

野球の世界で名を残したイチローだが、
もし最初に興味を持ったのが水泳だったらまた違ったかもしれない。
ひょっとしたらそこでもすごかったかもしれないが。

冒頭の言葉の解釈は取りようによっては違うのかもしれないが、
自分の活かすところを活かす、という意味にも取れるし、
向いていないところも認める、とも考えられる。

それぞれの才能を活かして伸ばすのは管理者の仕事でもある。
では、自分の才能を見つけるのは誰だろうか。

結局自分自身で探すしかないのだろう。
ただ、才能を見つけてくれる人を探すのも自分の能力だ。






人間関係を円滑にする10の名言

JUGEMテーマ:ビジネス

仕事でもプライベートでも大事なのは人間関係だ。
新旧さまざまの人間関係にまつわる名言があったので転載する。

感謝は人間関係がうまくいくコツです。
あなたは自分の夫に妻に、家族に友人に、
上司に部下に感謝していますか?
(ジョセフ・マーフィー)


人付き合いがうまいというのは、人を許せるということだ。
(ロバート・フロスト)


人が私のことを知らないということなどは気にかけず、
私自身が人のことを知らないということを気にかけよ。
(孔子)


朋友の間、悪しきこと、過ちあらば、面前でいうべし、
陰でそしるべからず、うしろめたく聞こゆ。
ただし、その善は陰でほむべし。
(貝原益軒)


初対面のときは「個性6割」+「思いやり4割」の服装を。
(押切もえ)


人と話をする時は、その人自身のことを話題にせよ。
そうすれば、相手は何時間でもこちらの話を聞いてくれる。
(ベンジャミン・ディズレーリ)


話し上手の第一の要素は真実、第二は良識、
第三は上機嫌、第四は機知。
(ヘンリー・ジョン・テンプル)


人間、馬鹿は構いません。
だが、義理を知らないのはいけません。
(久保田万太郎)


約束は必ず守りたい。
人間が約束を守らなくなると社会生活は出来なくなるからだ。
(菊池寛) 


自分が最低だと思っていればいいのよ。
一番劣ると思っていればいいの。
そしたらね、みんなの言っていることがちゃんと頭に入ってくる。
(赤塚不二夫)


にほんブログ村 経営ブログ 若手社長へ


人生は公平ではないがそれでもいい

JUGEMテーマ:ビジネス
 
いい言葉を言われても、言った当人が大したことないと、全く心には響かない。

それなりのバックボーンがあって初めて言葉に重みが生まれる。

アメリカのオハイオ州に住む90になるブレッド氏が書いた、
「人生が自分に教えた45のアドバイス」がすばらしい。

原文はこちら
記載元はこちら

1. 人生は公平では無いけれど、それでもいいものだ。
2. 疑わしいときは、次の一歩は小さく歩もう。
3. 誰かを嫌うには人生は短すぎる。
4. 病気になると仕事は自分の面倒をみてくれない。友人や家族がしてくれるのだから連絡を取っておこう。
5. クレジットカードの支払いは毎月全額支払っておくのだ。
6. すべての口論に勝たなくていい。反論にも賛成してみよう。
7. 誰かと一緒に泣こう。一人で泣くより楽になる。
8. 神様に怒っていい。彼なら受け入れてくれる。
9. 初めての給料から、老後の蓄えを始めよう。
10. チョコレートに関しては抵抗は無駄だ。
11. 「過去」と平和を維持していれば、「現在」をダメにすることはない。
12. 自分の子供に泣いているところを見られたってよい。
13. 他人の人生と比べるな。人がどんな軌跡をたどったのかなど、分かりはしないのだから。
14. もしその関係が人に言えないのなら、関わるべきではない。
15. すべてのことは一瞬のうちに変わるが、心配しなくてもよい。神は見ている。
16. 深呼吸をしよう。心が落ち着く。
17. 使えないもの、美しくないもの、楽しくないものは、何でも取り除こう。
18. もし死なずに助かったときは自分を強くする。
19. 子供時代のような幸せを持つのに遅すぎるということはない。ただし2度目は他人の力に依存してではなく自分次第である。
20. 自分の好きなことを追い求めるとき、自分の出した答えに拒否を示すな。
21. キャンドルを灯し、シーツを新しくし、素敵な下着をつける。特別な日のためにとっておくのではない。今日という日こそが特別なのだ。
22. 準備をぬかりなく、そして、なるように、ありのままに。
23. 今、変人になろう。歳を取るのを待ってから紫色の服を着なくてもよい。
24. 夜の秘め事をする上で、一番大事な機能は脳である。
25. 幸せになる上での責任は、自分自身以外にない。
26. どんな災いも、次のセリフで閉じ込めてしまえ。「5年経ったらこれはそれほど大事なことなのか?」
27. いつも「(せい)」を選ぼう。
28. 何でも誰でも許そう。
29. 他人が自分を何と思おうと、知ったことではない。
30. 時間はどんなことさえも癒す。時間を与えよ。
31. どんな良いことも悪いことも、変わる。
32. 自分のことを、まじめに捉え過ぎる必要はない。他の誰も気にしてしない。
33. 奇跡を信じよう。
34. 神様は神様だから愛してくれる。何をしたか何をしなかったかではない。
35. 人生を計算するな。参加して今を楽しもう。
36. どんどん年齢を重ねることは、その反対よりずっといい。 若くして死ぬよりだ。
37. あなたの子供の子供時代は1度きりだ。
38. 最終的に真に大事なことは、愛したということ。
39. 毎日外に出よう。奇跡はあちこちで待っている。
40. もし皆がトラブルを山のように捨てたとして、他人のと見比べたら自分のは持ち帰ろうと思うものだ。
41. うらやましがることは時間の無駄である。もうすでに必要なものは持っているものだ。
42. 最高のときはこれから来る。
43. どんな気持ちになろうとも、起き上がって、着替えて、そして姿を見せよう。
44. 恵みなさい。
45. 人生はリボンで結ばれているわけではないが、それでもギフトである。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

錯覚の科学
錯覚の科学 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・チャブリス,ダニエル・シモンズ,成毛 真(解説)

recommend

recommend

recommend

recommend

成功の9ステップ
成功の9ステップ (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM