スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.04.17 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

商売のタネ

JUGEMテーマ:ビジネス
 
どんな仕事でも不変のまま成長をし続けるものなど存在しない。
で、あれば大なり小なり新しい事業の創造は必須だろう。

最近、知り合いからまったく異業種の相談があった。
詳しくは書けないが、新しい会社と製品を作っていまから売り出すぞ、という時に、
金主の財務が悪化して続けられなくなったから譲渡先を探している、というような話だ。

私の知り合いで、興味がありそうな人間ならいそうかな、というので先方に会ってきたのだが、
その話を会計士にしたところ「自分でやってもいいんじゃないですか」と言う。

確かに新規事業の立ち上げの必要があり、最近は常に商売のタネを探している。
だが、基本的には本業との相乗効果が見込める仕事で考えるものかと思っていたので、
当初はその発想はなかったのだ。

世の社長の発想はどこに重きを置いているのだろうか。
・なんにせよカネになる
・商売になるかは別として自分がやりたい
・本業への相乗効果が見込める
大体この辺で考えると思うのだがどうだろう。

さて、これは果たして花が咲くタネなのだろうか。

スポンサーサイト

  • 2017.04.17 Monday
  • -
  • 19:49
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
か、怪文書?!
社長は悩みが多いですね(-_-;)

負けないで!(>_<)
  • ウツ
  • 2011/09/13 12:51 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

錯覚の科学
錯覚の科学 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・チャブリス,ダニエル・シモンズ,成毛 真(解説)

recommend

recommend

recommend

recommend

成功の9ステップ
成功の9ステップ (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM