会社運営と民主主義

JUGEMテーマ:日記・一般
 
「民主主義は最悪の政治といえる。これまで試みられてきた、民主主義以外の全ての政治体制を除けばだが」
とはウィンストン・チャーチルの言葉だが、
こと会社経営においては民主主義でうまくいった試しはあまり聞いたことがない。

大きく伸びたアイデアなどは大体が役員の猛反対にあったもので、
社長一人の独断で結果がうまくいったというものも多い。

ならばそもそも周りに意見を聞く必要などなさそうなものだが、
そうとばかりは言えないらしい。
また、逆にイエスマンばかりで固めてしまってもよろしくない。
本当に社長が間違っているケースも多いからだ。

チャーチルの言葉も民主主義を落としているようにも見えるが、
実のところ他の政治体制全ても民主主義以下だと言っている。

一つの解としてはミックス型の独裁型民主主義があるかもしれない。
最終的には社長の意見ではあるが、その過程で周りの意見も採り入れ、
引くべきところは引き、押すべきところは自分の意思で押す。

とは言いながらも結局のところは結果次第。
そして責任の所在は社長にしかないのだ。


スポンサーサイト

  • 2017.04.17 Monday
  • -
  • 20:02
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

錯覚の科学
錯覚の科学 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・チャブリス,ダニエル・シモンズ,成毛 真(解説)

recommend

recommend

recommend

recommend

成功の9ステップ
成功の9ステップ (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM