目に入るものを変える

JUGEMテーマ:日記・一般
 
他人のことはよく見えるが、自分のことほどよく見えない。

久々にブログでも更新しようかと思って過去のものを見直してみると、
どうにもネガティブな記事が目に付く。

最近は周りのことがいやに気になったり、
変に攻撃的な気持ちになってしまうことが多かったが、
改めて過去の自分を客観的に見直してみるとさもありなんだった。

心理学の実験にもあるが、事前にポジティブなイメージを持つ画像と、
ネガティブなイメージを持つ画像をそれぞれ見せた場合、
ポジティブ画像を見た人たちは親切な選択を選ぶのに対し、
ネガティブ群は意地の悪い選択をもつ傾向がみられるという。

翻ってみると、人の粗ばかり目につくとネガティブになり、
より自分の行動や選択もネガティブに寄せられる。
悪いスパイラルに陥るということだ。

じゃあポジティブなイメージってなんだよ、
ということになるが、人にしてみると良い面になるし、
一日の振り返りでいうと、その日の良かったことになるだろうか。

気持ちのありようは非常に重要だ。
立ち止まって自分にあるものを見直して、
そこから好材料を見つけていく、というのも必要かもしれない。

思う以上に恵まれていて、十分すぎるものを持っていたりするものだ。


スポンサーサイト

  • 2017.04.17 Monday
  • -
  • 20:09
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

錯覚の科学
錯覚の科学 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・チャブリス,ダニエル・シモンズ,成毛 真(解説)

recommend

recommend

recommend

recommend

成功の9ステップ
成功の9ステップ (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM