AIは芸術家足りえるか

JUGEMテーマ:ニュース

 

進化が著しい人工知能の分野だが、芸術的、創造的な分野に関しては、

まだ人間の方に軍配が上がるという認識が多いだろう。

 

しかしこのところ、とうとうAIが芸術作品を作り出した、というニュースがでた。

「機械学習したAIがレンブラントの新作を出力」

 

記事によると、レンブラントの作品すべてをスキャニングして、

タッチや色使い、レイアウトの特徴などを学習。

その学習したデータをもとに、完全に新しいモチーフの作品を作り出したということだ。

 

既存の芸術家の”真似”とはいえるだろうが、贋作ではない。

あくまで新しい作品である。

 

これが例えば、様々な芸術家の優れた部分を取り込んで、と考えるとどうだろうか。

また、ビジネスアイディアや発明の分野で、となると?

 

既に亡くなってしまった発明家の発想や、起業家、

エジソンやジョブスのような発想をAIがする世界もそう遠くはないのかもしれない。

 

既に「シンギュラリティ」(特異点)はそこまで来ているのだ。

楽しみと取るか脅威ととるかはあなた次第・・・ということか。

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.04.17 Monday
  • -
  • 12:14
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

錯覚の科学
錯覚の科学 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・チャブリス,ダニエル・シモンズ,成毛 真(解説)

recommend

recommend

recommend

recommend

成功の9ステップ
成功の9ステップ (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM