社長の給料

経営再建中の日本航空が今年2月に発表した中期再生プランの中で、
西松遥社長の年収を960万円にすると公表した。
その額は、同社パイロットの平均年収1,954万円の約半分で、
部長の中の低い方の水準だという。

その額をどう捉えるかは個人によって違うのだろうが、
一般的に営利法人の社長がどれだけ報酬をもらっているかの
興味深いデータがある。

2005年度の『役員報酬の実態』(賃金管理研究所)によれば、社長の
年収は2,925万円(サンプル数:上場・非上場込みの408社平均)
という結果が出ている。

そのうち、上場・非上場で分けてみると
上場会社の社長の年収は4,539万円(賞与込み)
非上場企業の場合は、 2,261万円(賞与込み)となる。

さらに中小企業の役職別年収は、
 会長  1,925万円
 社長  2,261万円 
 副社長 2,252万円
 専務  1,543万円
 常務  1,295万円
 取締役 1,084万円
ということらしい。

ではあるがサンプル数が408社の平均ということなので、
多分に恣意性はあるかと思う。
本来であれば全国で150万企業あるのだ。

しかし、優良企業の平均ではあるのだろうが、
夢の持てる数字ではあるかもしれない。

それに社長でありさえすれば他にも手段はある。
何より、成果がダイレクトに返るという意味では
これ以上の立場はないではないか。

なお今回の記事は、有限会社がんばれ社長のメルマガから
一部引用させていただいた。

緩やかな衰退

毎日何かを書こうと気を張っていると、
かえって構えて力が入ってしまって結局何も書けない時がある。

1日として、昨日と全く同じ日というのはないはずなのだが、
日常に慣れきってしまいアイデアが眠ってしまう。

同じような(に思える)日常の繰り返しが脳の衰退には
一番の大敵になる。
習慣は習慣で大事なのだが、慣れるではなく
狎れる(親しみすぎて礼を欠く)になってしまうと
途端に気の抜けたルーチンになってしまう。

ただし、気を張りながら意識して続ける良い習慣は修練だ。

この日記も変化を続け、自分の血肉にしながら
よい習慣としてまずは続けていきたい。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

錯覚の科学
錯覚の科学 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・チャブリス,ダニエル・シモンズ,成毛 真(解説)

recommend

recommend

recommend

recommend

成功の9ステップ
成功の9ステップ (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM